スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014秋 熊本遠征 前編

2014.09.30.Tue.23:35
皆さまお久しぶりです。いそかぜです。
この1か月、テストづくめでブログの更新はおろか写真撮影さえも滞り・・・。

そんな鬱憤も晴らすべく、秋休み最終日の今日、日帰りで熊本へ行ってきました!
使うのは「旅名人」。つまり熊本まで快速・普通縛りorz

早朝5時半に家を出発し、小倉駅新幹線ホームで暇つぶしに音鉄。
6時半の快速にて一路大牟田を目指します。
この時間は通勤通学時間帯で乗客が多く、普段無縁の生活をしている私は驚き。
古賀あたりで博多に向かう人々で車内は満員。音鉄なんてできる状況ではありません(笑)

博多で大量の人を吐いたかと思えば、まだまだ乗客は多い車内。
鳥栖で佐賀方面の乗り換え客が降りると車内は閑散となり、快速は筑後平野を疾走します。
途中田んぼの中にどでかい筑後船小屋の駅舎が現れたときは笑ってしまいましたwww

なんだかんだで大牟田に到着。大牟田は夏以来ですが今日は行きません。
大牟田のホームに着くと「名物」と言える車両が。
20140930 DE10-+コキ200 大牟田
DE10-????+コキ200*6 大牟田
三菱化学コンテナを積んだ貨物列車が入れ替え待ちでした。
停車中にコンテナ一つ一つを撮影。こんな間近に見れる機会も…
この後ゆっくりと工場に出発していきました。

20140930 EF81-302 大牟田
EF81-302 大牟田
振り返ればパーイチ。恐らく貨物を引き連れてきたのでしょう。
302号機もそろそろ撮っておかないといけない時期ですかね〜。
次の出番まで静かに佇んでいました。

ここからは815系のワンマン列車で鹿児島本線を下ります。
実は815系初乗車。北部九州では馴染みないですからねー。
昼前にも関わらず、そこそこの乗車率。
長洲・玉名といった昔の有明停車駅で多くの乗降がありました。

降り立ったのは上熊本。ここは新幹線の高架下の駅。
改札を出てすぐのところに1面1線の熊本電鉄の駅があります。

20140930 熊電5101A 上熊本 平面縦
い き な り
そうです、これを目当てに熊本へ来たのです。
いきなりの青ガエルの登場にびっくりするのと喜びで……


熊本電鉄 5102A 上熊本
とりあえずホームの外から撮影。
青ガエル、実際見るとなかなか面白い顔をしてますね(笑)
地味に前パンですしなかなかカッコいい車両ではあります。

20140930 熊電5101A 上熊本
上熊本駅の入口からひょっこり顔を覗かせる平面顔。

これに乗車し、有名撮影地の池田駅へ。

20140930 熊電5101A つり革
車内のつり革は東急時代そのまま、「東急百貨店」の文字。
運転席側のつり革も「東横のれん街」といい感じです。
しかし線路状態のせいか、つり革が揺れる、揺れる、揺れる。
揺れるどころじゃなくもうアレはブランコですね〜(^_^;)

20140930 熊電 池田
池田駅に到着。周辺は民家以外何もありません。
これで駅と気づく方がおかしいってレベルの……
待合所も駐輪場にベンチ置いたようなそんな感じでした(・・;)

ここで同業者さんが。まあ撮影地ですしね。
乗ってきた5102Aが単行で折り返し運転するので撮影準備。

20140930 熊電5101A 池田 飛出
熊本電鉄 5102A 池田
トンネルからの飛び出し!いい感じに決まりました〜。
レンズの関係でゴースト出たけどそれは仕方ないかな…
蔦で覆われた隧道口と緑の電車がマッチしてます。

20140930 熊電5101A 池田 ケツ
熊本電鉄 5102A 池田
こっちの方が定番の構図……かな?
青ガエルが1両トコトコと去っていきます。

再び折り返した5102Aで池田での撮影から撤収。
なかなか面白いところでした。高台からの俯瞰もできそう。
北熊本へ向かいます。

続きはまた次の記事で!

にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
P.S. なんかファイル名間違えてるけど気にしないでください眠いんです(笑)
スポンサーサイト
Comment

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。