スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014秋 熊本遠征 後編

2014.12.05.Fri.00:22
お久しぶりです。いそかぜです。(n回目)
2か月も更新をすっぽかしてました。ネタはあるんですが書かないまま忘れちゃって・・・。
これからまた書く時間が取れそうなのでぼちぼち。

中編書いといて締めが無いとおかしいので鮮度落ちながら書きます。

熊電撮った後は藤崎宮前→徒歩→市電で熊本駅へ。
列車に乗るのではなくお昼ごはん。1階の食堂でチキン南蛮をいただきました。
タレと肉汁が噛むたびに溢れ出て絶品でしたね。また行きたいぐらいにおすすめです。

時間がそこまであるわけではなかったのですが交通センターで暫しバス撮影。
福岡にはいないような車がたくさんいたので数枚写真を。

20140930 熊本市営 熊本22か2889
熊本市営 熊本22か2889 U-MP218M
20140930 熊本電鉄 熊本22か2653
熊本電鉄 熊本22か2653 U-MP618M
20140930 熊本バス 熊本22か2408
熊本バス 熊本22か2408 P-HT233BA
20140930 熊本バス 熊本22か2113
熊本バス 熊本22か2113 P-HT233BA
なんだこの58MC軍団!?カメラ構えてたら普通にこんなバスがわんさか出てくる熊本・・・
調べたところどれも1990年前後の車だそうで20年経ってもこうやって走っていることに驚きました。
福岡ではなじみの薄い標準床にも出会うことができました。

20140930 九州産交 熊本200か739
九州産交 熊本200か739 KL-JP252NSN
20140930 九州産交 熊本200か1159
九州産交 熊本200か1159 KC-HU3KLCA
九州産交の転属車だそうで。上のチャボは水間鉄道、下のHUは神戸市交から。
転属があるとバリエーションが豊富になっていいなぁと。身近な所だとサンデンとか。
しかし玉名から熊本市内までよくJPチャボで走れるもんだ(;´∀`)

20140930 熊本市営 熊本200か531
熊本市営 熊本200か531 PK-HR7JPAC
「このバスなんて車種?」って聞かれたら絶対「レインボーHR」って答えますよね?
実は「エルガJ」というOEM車で全国に15台しかいないレア物なんです!
見分け方は公式側一番前の窓の「ISUZU」ロゴぐらいなものでしょう(^ω^)
「モヤシ」のあだ名の通り長い!細長い!九州産交にも1台在籍してます。
熊本市営バスは来春都市バスに移管し、この塗装が見られなくなるそう・・・。

20140930 大分バス 大分200か452
大分バス 大分200か452 PKG-RU1ESEA
熊本~大分で運行されている特急やまびこ号専用セレガです。
やまびこ号充当車の中では最新鋭のようで、「EXPRESS OITA」の字が非常に似合っています。

20140930 熊本電鉄 熊本22か2529
熊本バス 熊本22か2529 U-MS716M
有名な(?)エアロバス路線車も発見。青ガラスでカーテン付きは豪華ですねぇ。
平べったい印象を受けましたがかえって愛嬌がある顔です。
三菱マーク入りのホイールが光り輝いていました。

20140930 九州産交 熊本22か3103
九州産交 熊本22か3103 KC-MS822P
熊本~佐世保で運行されてい「た」高速バスさいかい号。
実はこの日、最終運行だったのです。
以前から廃止とは知っていましたが、本当に偶然撮れました。
最終日だからかは分かりませんが、座席がかなり埋まるほど乗客が。
「本当に廃止にしちゃうの?」とさえ思ってしまいました。

九州産交の運転手さんや交通センターの職員の方、さらには奥に見える鹿児島行ききりしま号の
運転手さんがこのバスに手を置いて何か「お疲れ様」とでも語りかけていたのには感動しました。
惜しまれながらの廃止、そんな言葉が似合うなぁなんて。

20140930 熊本交通センター

20140930 熊本交通センター
この交通センター自体も再開発によって取り壊され新たな建物に変わることが決定しています。
いろいろなバスが入り乱れ、また人々が行きかうこの光景ももう少し。
急いでの訪問でしたが味があって近いうちにまた行こうと思いました。

この後は熊本駅に戻って鹿児島本線を北上、帰宅の途に。
熊本の交通の魅力に心奪われた、充実した日帰りの旅でした。

では今回はこの辺で。

にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
スポンサーサイト

2014秋 熊本遠征 中編

2014.10.01.Wed.23:58
では前回の続きを。

池田を5102Aで出発し、北熊本へ。
曇り空の隙間から時折日差しも見え始めます。
5102Aの座席は昔の車両ならでは、フカフカ。しかしモケットの表面が・・・
この時期でも扇風機は稼働中。夏に運転できないわけだ(´Д`)

20140930 熊電6221ef efWING
北熊本に着くなり1番線に停車中のくまモン編成!「6221ef」という車番が表すようにこの台車!
CFRP(炭素繊維強化プラスチック)製で、台車の重量を40%ほど削減できるという次世代型台車。
黒地に赤い羽のようなアクセントがカッコいいですね~。
編成写真撮ろうとするもあたふたしてるうちに発車(;´Д`)

20140930 熊電 北熊本
熊電で見たかったもう一つの光景、北熊本駅ホーム先から。
線路の間には資材、少々ガタガタの線路、そして斜めの木製架線柱
ほんっっとに「The 地方中小私鉄」って感じがして好きです。
右側の線路に見える裏がさび付いた信号も2灯式。
ここで列車が来るのを撮りたかったなあ・・・

20140930 熊電6211A+5101A 北熊本
6211A & 5101A 北熊本
今日のお目当て、5101Aケロロ電車はお休み中。
月曜走らないから火曜にずらしたのにこれとは・・・。ちょっとがっかり。
このラッピングも今月半ばにはさよなららしく、見れただけでも良かったのかな。
この時思ったのは「重そうな台車履いてんな」ってこと。カルダンを吊ってるんでしたっけ。
これで先ほどのefWING履いて走ったら強風で横転しそう(笑)

20140930 熊電202A+201A 北熊本
202A+201A 北熊本
こちらは200系。主に夏季に使えない5000系や何らかの故障時に代走するそうで。
人によっては走ってたらラッキー、もしくはハズレ。私は後者ですね(笑)
元々は南海の名車「ズームカー」ですが、前照灯のせいで完全に西鉄。
塗装の剥げが目立ち、いささか心配ではあります。

20140930 熊電5102A+6211A+5101A 北熊本
5102A & 6211A & 5101A 北熊本
再び帰ってきた5101Aとの3並び!なかなかにアツいですね~。
数十年前の東京が切り取られ、今ここに在るのが奇跡なのかな・・・。

20140930 熊電6111A+6221ef+5102A 北熊本
6111A & 6221ef 北熊本
藤崎宮前から折り返してきた6221efと黄帯のない6111Aとの並びも撮影。
カラーリングでここまで印象が変わるものなんですね。
時間的に割とギリギリの撮影でしたが、写真に収めることが出来て良かったです。

北熊本で電車を待ってる間にキーホルダーを3つ購入。(写真はTwitterにうpしたはず・・・)
「泗水」・「歯止使用中」というマニア泣かせのバリエーションもそろえており、思わず購入。
かわいいくまモン仕様もあり、熊電に乗車される方はぜひ買ってみては?

6111Aに乗り込み、藤崎宮前まで行き熊本中心部を目指します。

今日はこの辺で。では続きはまた次の記事で~。

にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

2014秋 熊本遠征 前編

2014.09.30.Tue.23:35
皆さまお久しぶりです。いそかぜです。
この1か月、テストづくめでブログの更新はおろか写真撮影さえも滞り・・・。

そんな鬱憤も晴らすべく、秋休み最終日の今日、日帰りで熊本へ行ってきました!
使うのは「旅名人」。つまり熊本まで快速・普通縛りorz

早朝5時半に家を出発し、小倉駅新幹線ホームで暇つぶしに音鉄。
6時半の快速にて一路大牟田を目指します。
この時間は通勤通学時間帯で乗客が多く、普段無縁の生活をしている私は驚き。
古賀あたりで博多に向かう人々で車内は満員。音鉄なんてできる状況ではありません(笑)

博多で大量の人を吐いたかと思えば、まだまだ乗客は多い車内。
鳥栖で佐賀方面の乗り換え客が降りると車内は閑散となり、快速は筑後平野を疾走します。
途中田んぼの中にどでかい筑後船小屋の駅舎が現れたときは笑ってしまいましたwww

なんだかんだで大牟田に到着。大牟田は夏以来ですが今日は行きません。
大牟田のホームに着くと「名物」と言える車両が。
20140930 DE10-+コキ200 大牟田
DE10-????+コキ200*6 大牟田
三菱化学コンテナを積んだ貨物列車が入れ替え待ちでした。
停車中にコンテナ一つ一つを撮影。こんな間近に見れる機会も…
この後ゆっくりと工場に出発していきました。

20140930 EF81-302 大牟田
EF81-302 大牟田
振り返ればパーイチ。恐らく貨物を引き連れてきたのでしょう。
302号機もそろそろ撮っておかないといけない時期ですかね〜。
次の出番まで静かに佇んでいました。

ここからは815系のワンマン列車で鹿児島本線を下ります。
実は815系初乗車。北部九州では馴染みないですからねー。
昼前にも関わらず、そこそこの乗車率。
長洲・玉名といった昔の有明停車駅で多くの乗降がありました。

降り立ったのは上熊本。ここは新幹線の高架下の駅。
改札を出てすぐのところに1面1線の熊本電鉄の駅があります。

20140930 熊電5101A 上熊本 平面縦
い き な り
そうです、これを目当てに熊本へ来たのです。
いきなりの青ガエルの登場にびっくりするのと喜びで……


熊本電鉄 5102A 上熊本
とりあえずホームの外から撮影。
青ガエル、実際見るとなかなか面白い顔をしてますね(笑)
地味に前パンですしなかなかカッコいい車両ではあります。

20140930 熊電5101A 上熊本
上熊本駅の入口からひょっこり顔を覗かせる平面顔。

これに乗車し、有名撮影地の池田駅へ。

20140930 熊電5101A つり革
車内のつり革は東急時代そのまま、「東急百貨店」の文字。
運転席側のつり革も「東横のれん街」といい感じです。
しかし線路状態のせいか、つり革が揺れる、揺れる、揺れる。
揺れるどころじゃなくもうアレはブランコですね〜(^_^;)

20140930 熊電 池田
池田駅に到着。周辺は民家以外何もありません。
これで駅と気づく方がおかしいってレベルの……
待合所も駐輪場にベンチ置いたようなそんな感じでした(・・;)

ここで同業者さんが。まあ撮影地ですしね。
乗ってきた5102Aが単行で折り返し運転するので撮影準備。

20140930 熊電5101A 池田 飛出
熊本電鉄 5102A 池田
トンネルからの飛び出し!いい感じに決まりました〜。
レンズの関係でゴースト出たけどそれは仕方ないかな…
蔦で覆われた隧道口と緑の電車がマッチしてます。

20140930 熊電5101A 池田 ケツ
熊本電鉄 5102A 池田
こっちの方が定番の構図……かな?
青ガエルが1両トコトコと去っていきます。

再び折り返した5102Aで池田での撮影から撤収。
なかなか面白いところでした。高台からの俯瞰もできそう。
北熊本へ向かいます。

続きはまた次の記事で!

にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
続きを読む "2014秋 熊本遠征 前編"

2014初夏 大牟田・福岡遠征 後編

2014.06.18.Wed.23:15
前回の記事の続きを。

バスを一通り撮った私は目的のバスまで時間があるので適当に乗ることに。
行先は「黒崎団地」。これで東新町バス停まで行こうと考えていたのですが・・・

な ん か 違 う 方 向 曲 が っ た
そうです、東新町には行かず、手前で新栄町方面に曲がったのです。
慌てて新栄町北通りで下車。商店街はほとんどの店がシャッター降りたままでした。
新栄町駅まで歩くことに。
140614 新栄町駅
中に入ってみましたが何もないですね・・・。ただただ無機質な駅舎。
昔は名店街やエマックスもあったようですがその面影もなく、特急停車駅とは思えませんでした。

記録程度に写真を撮り、西鉄電車とJRの並走する踏切を渡って東新町へ。
何も見なくてもなんとなくそれらしい道進んでたら余裕でした(^^)

東新町でバスを待つ間近くのおばあちゃんと会話が弾み、また行く先も同じでした。
目指すは「普光寺」。以前行った時に上手く写真が撮れずに後悔した思い出。
ただ、このシーズンは普光寺より近くの定林寺がオススメとのことでしたのでそちらへ。

10番、普光寺行き。この路線本当に惹きつけられます。
「社宅前」と入ったバス停は昔の大牟田の繁栄していた名残でしょうか。
竜湖瀬町付近、少し高い所から見下ろす町並み。
少しずつゆっくりと坂を駆けて行くバス。
米の山までに大半の乗客が降り、普光寺まで乗り通したのは先ほどのおばあちゃんと私ぐらい。
140614 ○牟5666 普光寺バス停
このアングル普光寺って感じがして本当に好きです。
とある本にこんな感じの写真があったのが行きたいと思ったそもそものきっかけでして。
街へ向けて出発しようとしている、そんな瞬間です。

10分ほどで定林寺の入り口へ。
ここで気づいたこと、それは「山に半袖で来てしまった」こと。
案の定虫に刺されました(^o^;)
ここ、定林寺はあじさいで有名で、6月ごろは多くの人が訪れます。
園内には色鮮やかで大きなあじさいが沢山。他では見ることのできない迫力。
お寺の方によると、「刈り揃えずに自然のまま展示している」そうです。
140614 定林寺あじさい 1

140614 定林寺あじさい 2
美しさに見入っていましたね、季節を感じます。
普段はあまり花を撮ることは無いのですがどうでしょうか・・・。

バスの時間に間に合うよう、少し早めに普光寺バス停に戻り、転回場から折り返してくるバスを撮影。
140614 ○牟5514
○牟5514 KK-RM252GSN
田舎の細い一本道を始発に向けて走ってきました。緑が車体に反射してるのがいいですね。
このバスに乗って大牟田駅へ戻りました。土曜の昼でしたので中型バスの車内はそこそこの乗車率でした。
次に普光寺行くときは普光寺の臥龍梅を見に行きたいなと。

西鉄電車で大牟田を離れ、昼食と乗り継ぎのために久留米へ戻りました。
昼食は西鉄久留米駅近くの岩田屋新館にある「久留米荘」でうどん。久留米行ったらここは外せません。
ダシがしっかりきいたきつねうどんと甘いいなりを食べて体力回復。

西鉄久留米BCから福岡空港まで再び高速バス。このバスは福岡空港到着前に英語の自動放送が流れるんですね。
まあ国際線も発着する空港ですから当然なのですが、このバスで外国の方を見たことが無く(;^ω^)

福岡空港からは地下鉄で博多。特に何をするって訳でもありませんでしたが。
140614 福岡市営地下鉄1000系1513F 福岡空港
福岡市営地下鉄1000系1513F 福岡空港
フクチカ撮ったのは久しぶりですかね。他の場所では暗くホームドアで撮影どころではなく。
103系1500番台もいたのですが構えているうちに出発。早いうちに撮っておきたいのですが。

博多に到着後は貝塚まで西鉄バス。都心部抜けるまでに時間かかりましたが、馬出あたりからは比較的スムーズ。
貝塚から名島の間の有名撮影地に行き、時間の許す限り狙いの列車を待ちました。

140614 西鉄313形315F 貝塚~名島
西鉄313形315F 貝塚~名島
い き な り 来 た 。
「狙いの列車」ってこれなんですよ。復刻塗装の315F。
定番と逆アングルで来たものですから慌てた上にビルの陰で露光が。゚(゚´Д`゚)゚。
まあ「記録」にはしておきましょう、近いうちにリベンジだ!

140614 西鉄600形619F 名島~貝塚
西鉄600形619F 名島~貝塚
140614 西鉄600形609F 名島~貝塚
西鉄600形609F 名島~貝塚
面縦の練習も兼ねて定番で。切り位置少し変えましたが609Fのまっすぐな方がよかったです。
さすがに315F折り返しは待てなかったのでこの辺りで切り上げ、地下鉄貝塚まで徒歩移動。

140614 福岡市営地下鉄2000系2501F 貝塚 面縦
福岡市営地下鉄2000系2501F 貝塚
トップナンバー、3本しかいない幕車が来てくれました。
貝塚ホーム端から駅へ入線する列車を面縦で撮ってみましたが暗いですね・・・。躱すには450mmじゃ足りず。
140614 福岡市営地下鉄2000系2501F 貝塚
福岡市営地下鉄2000系2501F 貝塚
この後は中洲川端までこの編成に乗車。2000系も箱崎線も数年乗ってませんでした。
これでフクチカ完全制覇まで七隈線の短い区間となりました。

中洲川端から新天町までバスに乗り、天神の街を歩いてバスセンター到着。
既になかたに号の列は長く伸びており腹を満たす間もなく帰宅の途へ。
途中小倉駅で寄り道して新大阪行きひかりを見送ったりもしましたが。

と、こんな感じで充実した一日でした。梅雨が明けたらまた福岡方面行こうかなと考えてます。

にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ 九州の鉄道へにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へにほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ

2014初夏 大牟田・福岡遠征 前編

2014.06.16.Mon.23:08
6/14(土)に北九州から大牟田・福岡方面へ行ってきました。
当日はもう疲れ切っており、次の日は多忙のためブログに書き起こせず・・・。
前後編に分けて書いていきたいと思います。

土曜日の朝、自宅を出た私はなかたにで福岡へ。
車両はエアロエース。座席が硬いにも関わらず、眠り足りない私はしばし睡眠 ( ˘ω˘)
福岡市内に入ったころに目を覚まし、福岡天神BCまで乗り通しました。
140614 サンデン交通 下関230あ50-26+○飯3501
サンデン交通 下関230あ50-26 PKG-RA274TAN + ○飯3501 KC-MP717P
降車ホームからバスが撮れるのでちょっとだけ撮ってました。
西工96MC同士でもこんなに顔つきが変わってくるんですね~。
実はこの○飯3501、西鉄の高速車では1台のみしかいないシャーシだそうで・・・。
「坂の下」に惹かれて撮ったんですが思わぬ発見でした。

天神BCを出てどこも店の開いていない天神地下街を歩き、地下鉄へ。
ここから福岡空港まで混み合った福岡市交1000N系で。座席がクッション性あってこの車両好きです。

駅を出て福岡空港国内線バス停から高速バス乗ろうとしたところ、5分前に出たことが分かり愕然(◞‸◟)
仕方がないので次々にやってくるバスを撮って待ちました。

140614 ○北高7615
○北高7615 LKG-RU1ESBA
「カッコいい」の一言に尽きますね。福岡空港~北九州固定のセレガです。
最近は福北ラインに新車のセレガが入りましたが先に入った幕のこちらの方が好きです。
まだ一度も乗ったことが無いんですよねぇ・・・。

そんなこんなしているうちに久留米行き高速バスが。
割と早いんですよ、ちょっとした混雑に巻きこまれたものの数十分で着きますし。
この路線に乗る理由がもう一つありまして、今回使ったコロプラきっぷが使える路線ということ。
3090円のきっぷならば北九州から福岡空港経由で久留米行くとその時点でお得なんですよ。

西鉄久留米に着いて特急の到着まではBCで撮影。西鉄久留米のような形状のBCも少ないなぁと思いつつ。

140614 ○久1023
○久1023 KC-RM211GSN
元南筑カラーの中型車。ツーステップなのが南筑時代の名残でしょうか。(当時の本社はワンステ)
この色鮮やかで流れるようなデザインがいいですね~。

140614 ○久2350
○久2350 PDG-LR234J2
福岡地区以外にはここ久留米に1台しかいないこの車両。
中身はエルガミオ、でも西工B-Ⅰフェイス。車両番号の位置がかなり見づらい・・・。

140614 ○八1138
○八1138 KC-LV380N
北九州地区にも数台居る58MC大型いすゞ車。久留米に行ったら必ず出会いますね。
同年製造の車両が落ちていく中、出来る限り永く活躍してほしいものです。

140614 西鉄久留米 5台並び
西鉄久留米といえばこれ!交差点待機の5台並び!こうも塗装がバラバラなのは・・・(笑)
信号が青になったと同時に目的地に向けて一斉に走り出していきました。

西鉄特急に乗って大牟田へ。途中小駅をぐんぐん通過し、あっという間に到着。
西鉄電車は西口に改札があるので、連絡通路を通ってバス乗り場のある東口でバスを撮影しました。

140614 ○牟5513
○牟5513 KK-RM252GSN
140614 ○牟5306
○牟5306 KC-RM211GSN
140614 ○牟5421
○牟5421 KC-RM211GSN
140614 ○牟3003
○牟3003 KC-RM211GSN
あのあのあの、来た車両のほとんどが中型の幕車ってここはどこなんだ・・・。
最後の写真の青帯3003は前に大牟田行って見れなかったので感激でした。
吉野循環とか南関行きとか乗ってみたいなといつも思ってるのに今回も乗れず(;´∀`)

でもこの車両を撮るだけが目的じゃない、真の目的は後編で・・・!
という訳で続きは明日書きます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。